現代日本女性史 - 井上清

現代日本女性史

Add: vilob95 - Date: 2020-12-16 04:49:16 - Views: 1925 - Clicks: 6645

2 /mu43-3/ <貸出可>. 10 形態: 2冊 ; 18cm 著者名: 米田, 佐代子(1934-) シリーズ名: 新日本新書 ; 147-a,147-b 書誌ID: BN0145746X ISBN:. See full list on center-mie. 『私の現代史論』(大阪書籍1982年) 14.

現代日本女性史(三一新書) 井上清/著 三一書房 1962 s367. 南洋と日本 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大空社,. 『日本近代史の見方』(田畑書店 1969年) 9.

『「尖閣」列島-釣魚諸島の史的解明』(現代評論社1972年10月)(第三書館年10月)ISBN. 5 図書 歴史に何を学ぶか : 羽仁五郎・井上清現代史対談. 『部落の歴史と解放理論』(田畑書店 1969年) 8.

和光大学現代人間学部紀要 第5号(年3月) 女性学と私 40年の歩みから 井上輝子INOUE Teruko 1──女性学との出会い 2──私の女性学宣言:『女性学とその周辺』 3──女性雑誌の比較研究:『女性雑誌を解読する』. の日本女性の実生活、その苦しみとよろこび、そのしいたげられたすがたとその解放のたたかい」を明らかに しようとした井上清『日本女性史』(三一書房、1949)が爆発的に売れました。1950 年代は「母の歴史」を書こう. 1 形態: 356p ; 19cm 著者名: 井上, 清(1913-) 書誌ID: BN03622578.

『天皇制-軍隊と軍部』(東京大学出版会 1953年) 4. この間、封建的しがらみは弱まり、女性も進学・就職・結婚等生活選択の幅が広がって、敗戦直後のような解放要求は変化しました。経済大国日本としては、女性差別解消に向かわなければ、世界から孤立します。能力ある女性の登用もすすみ、法制では雇用機会均等法や男女共同参画社会基本法の成立など進展がありますが、不安定雇用は女性にしわ寄せされるなど、女性の間にも二極分解がすすんで、生活上の民主主義徹底には程遠い現実です。歴史学研究も、欧米の社会学・社会史の影響が強まり、国際的交流は日常的になり、多様になりました。 私たちは、現在、本当に生き生きした人生を持っているでしょうか。本当にどう生きたいかの問い直しをしながら、歴史からあらためてヒントを得る時期にきてはいないでしょうか。 1. 例として、『人間の條件』(五味川純平)、『戦争と人間』全18巻(同)、『人しれず微笑まん』(樺美智子)、『現代落語論』(立川談志)、『日本女性史』(井上清)、『全学連』(中島誠)、『唯物史観の原像』(廣松渉)、『伝習館自立闘争宣言.

2 /i57-2 / <貸出可> 明治女性史 上・中・下(全4巻) 村上信彦/〔著〕 理論社. 7 形態: 279p ; 19cm 著者名: 井上, 清(1913-) 書誌ID: BN12925286. 先進諸国から貪欲に学びつつ、原始から現代まで、社会と文明を断絶することなく発展させてきた日本の歴史は、世界史の中の一異彩である。この歴史の変革の原動力はどこにあるのか。他民族の歴史との共通性また特殊性はどんな点か。独自の歴史観に貫かれた、定評ある日本通史。上巻では. 近代日本女性史 フォーマット: 図書 出版情報: 東京 : 鹿島研究所出版会,形態: 7冊 ; 19cm 書誌ID: BN01007394. 『明治維新』(東京大学出版会1951年) 3. 1970年前後、村上信彦が体制に順応するしかなかった大多数の女性の体験の結集を追跡する女性生活史が必要と問題提起したのに対し、女性解放運動を軸とする女性史を主張する若い女性研究者との間で熱気ある女性史論争が起きました(古庄ゆき子編『資料 女性史論争』ドメス出版、1987参照)。生活史か解放史かの論争は、女性解放を願っている一致点と生活史・解放史を統一した女性史の確認で収束し、文化史も柱にすべきなどの提案もありました。 他方、1965年から1981年にかけて、女性の人物像を作家が描く10巻前後の大手出版社によるノンフィクション女性史が出され、第2期女性史ブームといわれました。取り上げられる女性は文化・芸能・社会面中心で、社会活動家は少数でした。高度経済成長の中で育った若い女性たちは、男女平等の考え方は定着しても、恋愛結婚が正面から反対されなくなっても、選択の幅は広くなっても、一生自立した生き方ができるかと迷えば、困難は山のようです。どのように生きるか模索する時、過去の女性の生き方を尋ねてみたくなることでしょう。それが第2期女性史ブームの基盤にあると思われます。 現代日本女性史 - 井上清 ちょうど、1975年国際婦人年、つづく国連婦人の十年、「平等・開発・平和」の旗のもとに、地球規模で女性の社会的地位向上へ向かって行動する時代が来ました。. 2 /mu43 /1~4<貸出可> 日本の婦人問題(岩波新書黄版) 村上信彦/著 岩波書店 1978 s367. 著者「井上清」のおすすめランキングです。井上清のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1913年、高知県に生まれる。1936年、東京大学文学部卒業。京都.

2 形態: 2, 2, 28, 478p, 図版19枚. 20世紀日本人名事典 - 井上 清の用語解説 - 昭和・平成期の歴史家 京都大学名誉教授;北京大学名誉教授。 生年大正2(1913)年12月19日没年平成13()年11月23日出生地高知県南国市学歴〔年〕東京帝国大学文学部国史科〔昭和11年〕卒主な受賞名〔年〕毎日出版文化賞〔昭和24年〕「日本女. 日本環境動物昆虫学会生物保護とアセスメント手法研究部会, 井上 清 他 | /11/1 米騒動の研究〈第3巻〉 (1960年) 井上 清 、 渡部 徹 | 1960/1/1. 新版 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 現代評論社 著者名: 井上, 清(1913-) 書誌id: bn00481356.

日本近代史 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清, 鈴木正四共著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 合同出版社, 1955. 7 形態: 279p ; 19cm 著者名: 井上, 清 書誌ID: BN12925286. 板垣直子著. 日本現代史 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 出版情報: 東京 : 東京大學出版會 著者名: 井上, 清(1913-) 書誌id:.

See full list on weblio. 日本女性史 資料種別: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三一書房, 1955 形態: 2冊 ; 18cm 著者名: 井上, 清(1913-) シリーズ名: 三一新書 ; 6-7 書誌id: bn0329022x. 高知県出身。東京帝国大学文学部国史学科を出て、羽仁五郎の指導を受けた。戦時中は文部省の維新史や帝室学士院史の編集に嘱託として携わる。 戦後は在野で、歴史学研究会などで講座派マルクス主義の立場からの日本近代史研究の第一人者として活躍、『天皇制の歴史』で天皇制を批判した。戦後は貝塚茂樹の仲介で京都大学人文科学研究所に勤務。1954年に助教授、1961年に教授、1977年に退職。 部落解放運動と部落問題の研究に従事した。1954年には従来使われていた「特殊部落」「未解放部落」の語に代わって「被差別部落」の語を考案し、自らの論文の副題(『改造』1954年10月号掲載「83年目の解放令─被差別部落の物語」)に使用している。部落問題研究所理事として運営にも関わる一方で、部落解放同盟全国大会の運動方針起草を手がけた事もあった。1960年代後半に発生した、部落解放同盟京都府連分裂に端を発する文化厚生会館事件に対しては、当初部落問題研究所理事の立場から朝田善之助ら解放同盟主流に対し批判的立場をとり、日本共産党が支援する三木一平らと行動をともにした。 中華人民共和国における文化大革命や全学共闘会議の活動を支持し、この立場から日本共産党を批判したため、1967年に日本共産党を除名された。1967年に羽田事件で死亡した京大の中核派活動家山崎博昭の追悼集会においては追悼文を読み上げている。1968年に大塚有章が創立した毛沢東思想学院の講師としても、精力的に活動した。 日本共産党を除名されたのち部落解放同盟との関係が改善し、1969年の矢田事件以降は、部落問題、尖閣諸島問題等で共産党の姿勢を厳しく批判した。 1997年中国社会科学院から名誉博士号を授与された。 名誉教授就任後はピースボートの活動に積極的に参加していた。孫娘もピースボートのボランティアとして活動していた。 晩年はしんぶん赤旗に掲載される共産党支持者リストに名を連ねていた。 年11月23日死去。.

『条約改正-明治の民族問題』(岩波新書1955年) 5. 日本現代史 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大學出版會 著者名: 井上, 清 書誌id: bn0092189x. 『天皇・天皇制の歴史』(明石書店1986年) 15. 近代日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 米田佐代子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新日本出版社, 1972. 『大正期の政治と社会』(岩波書店, 現代日本女性史 - 井上清 1969年) 2. 10 形態: 2冊 ; 18cm 著者名: 米田, 佐代子(1934-) シリーズ名: 新日本新書 ; 147-a,147-b 書誌ID: BN0145746X ISBN: (上) (下).

新版 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 出版情報: 東京 : 三一書房, 1967 形態: 314p ; 18cm 著者名: 井上,清. 5 形態: 260p ; 18cm 著者名: 井上, 清 シリーズ名: 三一新書 ; 342 書誌ID: BN05950396. クレス出版. アンケートはこちら 2. 女性の歩いたみち.

Amazonで井上 清の現代日本女性史 (1962年) (三一新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。井上 清作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 井上清史論集(4) - 井上清(歴史学) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まって. 日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 三一書房, 1949. 帝国議会の開設から、条約改正、日清・日露戦争を経て強大になった大日本帝国は、第一次大戦中新たな躍進をとげるが、それとともに国内外の諸矛盾が激化し、ついに中国侵略から太平洋戦争に突入、崩壊を余儀なくされる。この半世紀に及ぶ波瀾の歴史をダイナミックに描き、現代日本の. 『簿記概論 (有斐閣大学双書)』(井上清) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は1人のユーザーが本棚に登録している、有斐閣から本です。 日本女性史. 改訂版 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 三一書房, 1953. 女性史余話. 井上は、論文「釣魚諸島(尖閣列島等)の歴史と帰属問題」を歴史学研究会機関誌『歴史学研究』1972年2月号に、また論文「釣魚諸島(尖閣列島など)は中国領である」を、日本中国文化交流協会機関誌『日中文化交流』1972年2月号に発表した。さらに同1972年10月に『「尖閣」列島--釣魚諸島の史的解明』(現代評論社)を発表した。 これらの論考のなかで、井上は、中国は歴史的に尖閣諸島を領有していたと主張し、日本の尖閣諸島領有は国際法的に無効と主張した。井上は同書で尖閣諸島は「どの一つの島も、一度も琉球領であったことはない」と主張し、また日本が日清戦争に勝利した際に奪い取ったものであるとした。琉球の史書における釣魚諸島の表記に関しては、琉球の学者程順則が1708年に執筆した『指南広義』は「皇帝の臣が中山王(琉球王)で、程はその家来であるから、清皇帝のまた家来=陪臣となる。」がゆえに、清朝皇帝のために書かれたもので、「この本は、琉球人が書いたとはいえ、社会的・政治的には中国書といえる。」と指摘している。さらに、「この島々は、琉球人には、中国の福州から那覇へ来る航路に当るということ以外には、何の.

『不屈のマルクス主義者河上肇-生誕百年を記念して』(現代評論社, 1980年). 9 形態: 12, 309p ; 20cm 著者名: 女性史総合研究会 書誌ID: TW00739633. 井上 清(いのうえ きよし、1913年 12月19日 - 年 11月23日)は、日本の歴史学者。 京都大学 名誉教授。 日本史専攻。 明治維新や軍国主義、尖閣諸島、元号、部落問題に関する著作がある。. 日本の歴史(上) - 井上清 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 宮城栄昌, 大井ミノブ編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1959. See full list on wpedia. 最も早く組織された地域の女性史集団は、愛媛県松山市に1956年誕生した女性史サークルです。でも1970年代まで、どこにどのような女性史集団や成果があるかわかりませんでした。当時、それぞれの研究成果は、自費出版のパンフレットにまとめるか、良くて地方の出版社から出され、地域の友人に買ってもらい、地方紙に紹介される程度でした。世界の、東京初め大都会の、政治の動向が生活圏にもたらされた時、普通の女性の生活と想いはどう変わり、逆に世界に影響を与えるか、その交流が解明されてこそ、女性の歴史の全体像が明らかになります。自主的な交流の場を自分たちで設定して、深い女性史研究を進めようとされました。 1977年8月、名古屋で初めて女性史の集いが開かれ、以後2~4年おきに、北海道旭川、首都圏、松山、沖縄、山形、神奈川、岐阜、新潟、奈良(第10回、年)で開催されています。最初集まったのは29集団159人、奈良には430人が参加しました。女性史を勉強したい人、研究している人、情報を求める人、行政関係者・女性団体や教育者たちが、研究の手がかりを得たい、交流したい、元気をもらえるか、本を売ろう、励ましを得ようと集まって、熱気むんむんの集会です。研究職にいる人は少ないのですが、40年勉強している人もこれから始める人も、対等に交流しています(伊藤康子『女性史入門』ドメス出版、1992参照)。 あえて付け加えれば、三重県は女性史研究の発展途上地域です。.

『日本の歴史』全3(岩波新書 1963-66年) 6. 10 図書 日本女性史. 『西郷隆盛』(中公新書 1970年) 10. 『日本女性史』(三一書房1948年) 2.

『日本帝国主義の形成』(岩波書店1968年/岩波モダンクラシックス 年) 7. 高知県出身。1936年東京帝国大学文学部国史学科を出て、羽仁五郎の指導を受けた。戦時中は文部省の維新史や帝室学士院史の編集に嘱託として携わる。 戦後は在野で、歴史学研究会などで講座派マルクス主義の立場からの日本近代史研究の第一人者として活躍、『天皇制の歴史』で天皇制を批判した。戦後は貝塚茂樹の仲介で京都大学人文科学研究所に勤務。1954年に助教授、1961年に教授、1977年に退職。 部落解放運動と部落問題の研究に従事した。1954年には従来使われていた「特殊部落」「未解放部落」の語に代わって「被差別部落」の語を考案し、自らの論文の副題(『改造』1954年10月号掲載「83年目の解放令─被差別部落の物語」)に使用している。部落問題研究所理事として運営にも関わる一方で、部落解放同盟全国大会の運動方針起草を手がけたこともあった。1960年代後半に発生した、部落解放同盟京都府連分裂に端を発する文化厚生会館事件に対しては、当初部落問題研究所理事の立場から朝田善之助ら解放同盟主流に対し批判的立場をとり、日本共産党が支援する三木一平らと行動をともにした。 中華人民共和国における文化大革命や全学共闘会議の活動を支持し、この立場から日本共産党を批判したため、1967年に日本共産党を除名された。1967年に羽田事件で死亡した京大の中核派活動家山崎博昭の追悼集会においては追悼文を読み上げている。1968年に大塚有章が創立した毛沢東思想学院の講師としても、精力的に活動した。 日本共産党を除名されたのち部落解放同盟との関係が改善し、1969年の矢田事件以降は、部落問題、尖閣諸島問題等で共産党の姿勢を厳しく批判した。 1997年中国社会科学院から名誉博士号を授与された。 名誉教授就任後はピースボートの活動に積極的に参加していた。孫娘もピースボートのボランティアとして活動していた。 晩年はしんぶん赤旗に掲載される共産党支持者リストに名を連ねていた。 年11月23日死去。. 戦後、大学で学び育った女性たちが中心になって、女性史研究に意識的な努力を開始したのは1970年代です。1973年、早稲田大学出身者による近代女性史研究会が発足、『歴史評論』は年一度、女性史研究の特集号を編集すると宣言しました。1975年、ドメス出版は『日本婦人問題資料集成』全10巻刊行に踏み切り、近代婦人雑誌の復刻も本格化しました。1976年、関西で研究者主体の女性史総合研究会が設立され、間もなく首都圏に波及しました。こうして女性史研究の文献目録、研究史、論文、組織が育てられ、歴史学界もその成果を認め励ますようになりました。 女性史研究は長い間、在野の、民間の学問・研究でした。だからこそ女性解放への深い関心、強い自主性が培われました。1980年代、日本女性史は学界で市民権を得たのですが、そこからどう研究を支えあい、発展させるのか、新しい課題が出てきました。. 『天皇制と部落差別-さわらぬ神にたたりあり』(明石書店 1988年) 16.

ダー史については、タイムラグの制約があるこ とを考慮に入れる必要がある。 ロングセラー「井上女性史」の影響 戦後間もない段階で刊行された井上清著『日 本女性史』(三一書房)は、女性史の通史とし てロングセラーとなった。この「井上女性史」. 『宇垣一成』(朝日新聞社1975年) 12. 日本女性生活史 フォーマット: 図書 責任表示: 女性史総合研究会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1990.

追悼 井上清さん 在野性つらぬいて 革命党創建に協力 傑出した歴史家である井上清京都大学名誉教授が他界された。井上さんは京都大学という象牙の塔にありながら、在野の歴史家羽仁五郎氏に師事したこともあって、つねに人民の闘いとともにある歴史学をつくりあげることに努力し、そ. (11)井上清『新版日本女性史』(一九七六年、三一書房)・米田佐代子『近代日本女性史』(一九七二年、新日本出版)・もろさわ(-o)同 七七頁(9)安川寿之輔『日本近代教育の思想構造』(一九七〇年、新評論)十四頁(8)広田昌希「福沢諭吉に. 羽仁, 五郎, 井上, 清現代. 『天皇の戦争責任』(現代評論社 1975年/岩波書店[同時代ライブラリー] 1991年) 13.

現代日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 井上清著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三一書房, 1962. 12 複刻日本女性史叢書 / 上笙一郎, 山崎朋子編纂 第21巻 ; 昭和期 ; 10.

現代日本女性史 - 井上清

email: dalavywi@gmail.com - phone:(344) 313-7983 x 1551

フランス夢街道 - 竹田洋香 - 番弁護士日記編集委員会 番弁護士日記

-> アジアの英語 CD付 - 柴田真一
-> 実践的「親学」へ - 平塚儒子

現代日本女性史 - 井上清 - 二上達也 よくわかる詰将棋入門


Sitemap 1

機械・金属工学書目録 2020 - 工学書協会 - ヴァイオリンでヒーリングミュージック 野呂芳文